社会人になって、たくさんの新しいことを始めました。それも今までやったことのなかったものがほとんどです。そんな愛すべき趣味たちとmise1049の成長を記したノンフィクションブログです。有言、いつか実行。


by mise1049
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:一人、暮ラス( 79 )

実家にいた頃から今に至るまで、
一人家で酒を飲むことはほとんどなかったのだけど、
今、私はビールを飲んでおります。
あ、違うわ。その他雑種②だった。雑種を飲んでおります。
前に友人がうちに来て飲んで以来長ーいこと冷蔵庫に入っていたので、
冷えていることこの上ない。

もうしばらくしたらみるみるうちに顔から体まで赤くなり、
目の前には布団、安眠の途につくことでしょう。

一人暮らしは板についてきたような気はしているのだけど、
改めて部屋を見渡せば(六畳一間なので見渡すほどではないが)
相変わらず本とCDは床から40~50cmくらいまで積み重ねられ、
ベッドを買うはずがまだ布団。
ちゃぶ台も欲しいけどアイロン台。
座布団もとりあえず急場をしのぐために150円で買ったペラペラのが1枚だけ。

と、ここまで書いたところで、少量ながら、ビールをこぼしてしまった!
こぼれた先はアイロン台。アイロン台にひっかけている手ぬぐいが被害者。

あーあ、手ぬぐい洗わなきゃなあ。
と思うも、そういえば手ぬぐいの端っこがまだそのまんまで、結構ほつれてきている。
このまま我が家のパワフル全自動洗濯機にぶち込んでしまったら、
そのほつれ具合がどうなってしまうか。洗濯機糸だらけ。それいやだ。

ということで、真っ赤な顔になりながら、お裁縫をやることになってしまいました。
こないだ池袋のキンカ堂で買った携帯用裁縫セットが役に立つ時が来た!

ところで皆さん。
これまでフツ-に生きてきた男性でどれほどの人が、裁縫に慣れ親しんでいるだろうか。
答えは否(否、では答えになっていない)。
少なくともオレは、おそらく小学校か中学校の家庭科の授業以来、裁縫とは無縁。

しかし過去を紐解けば、あれは小学校6年生の夏休みだったと思う。
エプロンをミシンか手縫いで作ってきなさいという夏休みの宿題が出されまして。
1学期の授業でミシンを習っていたので、
なるべくミシンでやるようにというニュアンスがあったような気がしたのだけど、
オレはミシンがとても苦手で、
だけどミシンでやってくるみんなに負けたくないような気もして、
「ミシンのように細かい波縫い」を手縫いで実現させたのです。
それはものすごい時間がかかったけど、ミシンもびっくりの細かい目で仕上がった。
そして私の記憶が確かならば、部分的に、おばあちゃんに手伝ってもらった・・・。
(おばあちゃん、ありがとう)
夏休みが明けて宿題を提出したところ、
おばあちゃんにやってもらった部分がやはりうますぎて、先生にばれた。
「だったら始めからミシンでやんなさいよ」と先生に怒られたのは言うまでもありません。

というエピソードはもはや15年も前のもので、
まあ15年前も結局やりきれていなかったわけだけど、
今オレは手ぬぐいを目の前に闘いを挑むわけです。しかも飲酒で。

とにかくオレの裁縫レベルはそんなものだから、
なんとか波縫いと玉留めくらいは記憶に残っている程度で、
手探りで縫っていきます。
結果、1時間半以上かけて縫い終え、
その仕上がりは波縫いが縦に横に、文字通り波打っている有様して・・・。
ひどいこと極まりない。
誰か裁縫がマシになるコツを教えてくれ・・・。


どうでもいいんだが、テレビのない我が家では毎日ラジオを聞いているのだけど、
深夜のFMはラップとかヒップホップとかそういう人たちの番組が多い。
それで聞くにつれ、彼らのしゃべりって変だよねえ。
「ヨーヨー! オレがDJ○○今日も聞かせるぜチョッチョッパッイエー」
と、本当に言っていたかは忘れたけど、変だよなあ。
いろいろとリスペクトしすぎ。
ラブとか最高とか言い過ぎ。最高って、よっぽどのことなんだぞ。
両親に感謝しすぎ。・・・ま、それはいいことか。
でもそういうのって、いつもいつも口にしていると、
眠いとか疲れたとかそうなんだとか腹減ったとか、
そういったものと同列くらいになってしまいそうで、オレは嫌だなあ。
もっともっと大切な言葉たちなんだけど。
オレなんかそういうのを伝えるのにものすごーく大変な思いをしてしまうのに。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:57 | 一人、暮ラス
こっちに越してきて以来、髪を切っていませんでした。
数えてみると2ヶ月以上放置。

ご存知のように、オレの髪の毛は、
多い・太い・硬い・黒い(最近は白髪増えてきたけど・・・)ときている。
ほとんどの散髪屋さんにそう言われるので、これは間違いない(見りゃわかるか)。
これにくせ毛も手伝って、散髪した後、程なくして頭は暴発を始め、
ヒナ鳥からの入居希望が殺到するほど、鳥の巣状態の頭ができあがります。

そして今回も例に漏れず、
2ヶ月もほっといたら、ドカーンとでかい頭になっていたというわけです。
まあオレはもう慣れっこなもので、27年この頭と付き合ってきたのだから、
このくらいのボリュウムがある方がむしろ自然、
といったような認識さえ持っているので違和感もないのだけど、
社会人としてはNGなようで、何度か髪を切れと命を受けたことがある。
それでも最近は、髪型変えていないのに何も言われなくなった。
mise1049の髪質が社に理解されたということだろうか。んなアホな。

それはそれとして、とにもかくにも髪を切らなくちゃいかん。
10分ドライヤーを当てても生乾きだし、
くせ毛がピンピンはねて言うことをきかない。
そんなわけで、ときわ台で引越し後初の散髪をすべく、
散髪屋を探し歩くことにしました。

駅の周りをぐるっと見て回ったのだけど、散髪屋って結構あるのね。
ざっと見ただけで10軒くらいの散髪屋があった。需要が固いのかな。
カットだけで5,000円もとるところから1,000円カットのお店まで幅広い。
何せ初めてなので比較のしようもなく、
とりあえず空いてそうなところに入り、早速切ってもらうことにしました。

カットマンからはやはり「髪多いねー。大変でしょう」とのお声をいただき、
「そっスよね~」と返すオレ。いつもの散髪屋とのやりとりを済ませる。
あとは、諸悪の根源は多い・太い・硬い髪の毛である! と言わんがばかりに
オレの髪の毛に「梳きバサミ」を入れ続ける。梳いて梳いて梳きまくる。
散髪が終了したところで一言「え、やれるだけやっときました」
加えて一言「でも、もって1ヶ月半ですねー」

そんなわけで、余命1ヵ月半の髪の毛をひっさげて家路に着いたのでした。


ところで今晩も飯を作り、
豚肉炒めとじゃこピーマンにキャベツの千切りを皿に盛り付け、
テーブル代わりのアイロン台まで運ぼうとした矢先に、
おかずごと皿を落としてしまった。
皿は割れ、フローリングはおかずだらけに・・・。

ジーダブ最終日は、そんな感じでガックリとうなだれている私でございます・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:54 | 一人、暮ラス
今日はお買い物~。

・MDCDミニコンポを購入!

我が愛用のCDラジカセはご存知の方もわずかにいるかと思われる、
知る人ぞ知るソニーの名器「ソナホーク」でございました。
オレが高校1年生、16歳の時に購入したもので、
当時は数あるCDラジカセの中でも重低音に定評があったような。
黒くて大きい、重厚なボディは頼もしさすら感じさせたものです。

しかし、それから11年の年月が経過した現在。
名器ソナホークもさすがにくたびれ具合を増し、
・カセットテープ2基→2基とも故障、再生不可。
・操作パネル→出てくるがすぐに引っ込んでしまい、固定不可。
・ボタン操作→ラジオを押すと電源が切れたり、CDを押すとラジオがついたり。
・CD→音飛びが多発。最近のCDはものによって読み取り不可。

そんなわけで、正常に聞けるのはラジオだけという厳しい有り様で・・・。
(まあ毎日聞いているのはラジオ中心なので半分は事足りていたのだけど)

困ったのがベースの練習。
練習したい曲が再生できないとなると、いよいよかなあと決心せざるを得なくなり、
僕らのビックカメラ池袋本店に足を運んできました。

すると、今日はたまたま本日限りで、
コンポやラジカセの指定機種が10%オフだというではないですか。
ラッキー。
見ればミニコンポとラジカセだと、ほとんど値段が変わらなかったりする。
11年前も果たしてそうだっただろうか・・・。

それで購入したのは、ソニーのオールインワン・ミニコンポ。
MDよしCDよしカセットよしラジオよしということで何でもあり。
結構即決でした。25,000円を切る価格で買えたのでグッドでした。
早速使いたかったので家まで手で運び(いつぞやのレンジと同じくらい重かった・・・)、
接続してCDをかけてみました。
うーん、いいっすね~。重低音がグッ。ベイシストにはググッときます。
ただ、ラジオの入りは異常に悪い。
どの曲も全く聞ける状態にない感じ。別売りのアンテナが必要?
取り急ぎラジオについては、前任のソナホークにがんばってもらうとしよう。


・光ファイバーを申し込む!

懸案だった光ファイバーにも、ようやく申し込みをしてきました。
プロバイダはOCN。OCN光withフレッツ、というやつです。
ビックはOCNとがっちりタッグを組んでいる感じですな。
工事のタイミングと、オレが家にいなかったりするので、
開通は6月4日(日)になる予定となっております。

これで毎月4000円ちょいが飛んでいく~。
貧乏生活は苦しくなる一方です。
まともに生活をするのって、ほんとお金が必要なんだなーと、実感。

ということでブログの更新は6月以降!


・携帯用裁縫セット

池袋東口の超一等地に店を構える「キンカ堂」。
皆さんご存知かとは思いますが、入ったことはあります?
オレはなかったもので、本日始めてキンカ堂内に潜入してまいりました。

キンカ堂はどうやら生地や糸から既製服までを販売する洋品店のようで、
ユザワヤなんかとかぶるのだろうけど、
立地が立地だけに、ビルは狭く、古い。
売場には所狭しと商品が並べられ、奥様とおぼしき女性が買い物をされている。
繁盛しているとは言えなさそうだけど、思ったより人はいるなあ、といった印象。

オレはワイシャツのボタンが取れているものがいくらかあったのだが、
針も糸も何もないので修理もできず、取り急ぎ針と糸と思い、
携帯用の簡単なやつを買ってみたというわけです。
買ったはよいのだが、果たしてボタンつけ、まともにできるのかな?
玉止めとか憶えてるかしら・・・ちと不安だ。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:53 | 一人、暮ラス
独身男性27歳、オレの一日。

9:30 起床

カーテンをドバッと開けても北向きなので日はさしてこないが、
それでも今朝は快晴なので気分はいい。
6時から約1時間おきに目が覚めていたのだが、
その度に二度寝三度寝を決め込み、この時間に至る。

朝食は簡単に済ませたかったので、
忙しい朝用に常時用意してあるシリアルとレーズンに、牛乳をかけていただく。
食後はヨーグルトを食べて整腸。

10:00 洗濯、お風呂、飯炊き

朝食の後はまずは洗濯から。
今週は平日5日分が丸々たまっていたので、
ワイシャツ、下着、靴下、ハンカチが各5枚+α。
とはいえ全自動なのでぶちこんでスイッチ一つで洗濯はできあがっちゃう。
楽チンですね。洗剤はシャボン玉スノール、石けんですね。
バケツに少々の水を汲み、粉末を溶かして泡立てる。
という、なんてことない手間をかける。
だいたい50分くらいでいつも洗いあがる。

その間に前日からたまっていた洗い物と朝食で使った食器をまとめて洗う。
それからお昼に向けて、炊き立ての米を食うべく、飯炊き。
これも無洗米なので、サッと水を通すだけ。
1時間くらい水に浸しておくのだ。

食器を洗ったら今度は自分を洗うべく、お風呂。
お風呂といっても我が家は3点ユニットなのでシャワーのみ。
スタンディングシャワー。仁王立ちにて浴びる。腰に手。
ここでも頭からケツまで石けんで洗います。

お風呂から上がると洗濯機は止まっており、洗濯は終了。
着替えてババッと髪の毛を乾かし、洗濯物を干す。
我が家の全自動洗濯機は脱水が強烈なのか、とにかくしわくちゃ。
バサッバサッとシワを伸ばしてから干しているつもりなのだけど、
形状記憶シャツだったはずのものまでシワがそこそこ残ってしまう。
あいつら全然形状なんか記憶しちゃいない。

直接日は当たらないけど、風を通す意味で布団も干してみる。
布団たたきを持っていないので、二本の手でおりゃーっとはたく。

水につけておいた米は炊飯器にセットし、
スイッチオンでごきげんなピー音とともに炊飯スタート。3合!

11:30 昼食と夕食に思いを馳せる

昼は前に食べたものが残っていた冷凍の餃子を処理することに。
餃子は焼くのが面倒だ。
休みの日ならまだしも、平日のぐったりした夜に、
いちいち蒸して、お湯が飛ぶまでじっと待つなんて耐え切れない。
多分ほっといたらいつまでも食べない気がしたので、今日、食べる。

そんなことを考えつつ、料理本を手に取る。
「今さら恥ずかしくて聞けない料理の基本~」みたいなやつで、
実に基本的なことが書いてあるので助かる。
料理の「り」の字もしてこなかったオレにとっては、ほぼバイブル。
いい加減作れるレシピが極少なので、何かもっと作れるものはないかと探す。
とりあえず今日の夕飯はじゃがいもとベーコンのソテーにして、
キャベツがドーンと1玉残っているので、これを使うにはさて・・・
というところで見つけたのが、「キャベツの浅漬け」。
きゅうりとしょうがと塩があれば作れるようだ。
これにしよう。作り置きもできそうだし。

餃子は案外パリッと焼き上がり、おいしかった。
冷凍食品め、あなどれん。
炊き立ての飯はさらにうまかった! 茶碗に1膳をペロリ。
つけあわせはいつもの朝食生野菜、レタス、きゅうり、ミニトマト。
和洋中入り乱れたお昼でした。

残った白米は冷ましてラップでくるみ、冷凍室へ。
お茶碗5膳分を確保。

そうこうしているうちに昼も深くなっていく。

15:00 お買い物

今日買うべきものをメモに書いて家を出る。
こまごまとしたものを買うことにして、まずは先週見つけたビバホームへ。

ビバホームまでは歩いて20分ちょい。早くチャリ買えって。
お目当ては先週買ったスチールラックと、同サイズの追加棚。
さらに1段付け加えて、収納力をアップさせるのだ。
程なくして見つけてカートに入れ、後は好き放題見て回る。
本棚はなかなかいいものが見つからないのだが、
小さな木のボックスを積み重ねていくのも悪くないかも。
また我が家の洗濯機の横には20cmほどのスペースがあるのだが、
そこをうまく埋められる収納グッズは残念ながら見つけられず。

結局「これ1本で洗車の全てが完璧!」という洗車用品を購入。高かった。
実家に帰ったら洗車しよう。
1時間はビバホームにいた。

それからときわ台に戻り、クリーニング屋でスーツの引取。

そしてオレの胃袋を満たす店、よしやへ。
今日は「特別感謝セール」で、なんとポイントが通常の5倍になるとか。
これは買わねばなるまい(そんなことはない)。
奥様がたに混じって食材を物色する。
今日買ったのは、
じゃがいも1袋、ベーコン、きゅうり、ミニトマト、しょうが、ほうれん草、
卵10個、ちりめんじゃこ、ヨーグルト、ウインナー、お酢。
きゅうりとわかめとちりめんじゃこで酢の物を作ろうとも思っていて、
お酢も買ったのだが、小さいサイズが売っていなくて、
迷ったのだけど500mlのものを買ってしまった。使い切れないこと請け合い・・・。

今日もスチール棚とスーツと食材で、最終的にはすごい荷物の量になってしまい、
ヒーヒー言いながら家に辿り着く。時間はもう19時を過ぎている。

19:30 夕飯作り

家に着いたらまずはスチールラックの追加棚を装着する。
使い勝手が増した。ますます頼もしいぞ。

夕飯はまずは浅漬け作り。人生初の漬物作り。
先週買ったキャベツはなかなか使えていなかったので、
思い切ってボウルにどっさりのキャベツを、ざっくり厚めの千切りで用意する。
そこにきゅうりは薄口の輪切りで、しょうがは千切りで加え、
塩を混ぜてから重りを乗せて、30分ほど待つんだとか。

と同時に米も用意しており、炊き立てが夕飯に間に合うように水に浸す。
今度は3.5合。封を開けたお米の残りが、半端だが3.5合だったのです。
以前3合炊きで4合分くらいを炊いたら大変なことになった経験が
なきにしもあらずだが、3.5合ならなんとか平気でしょう。

次にソテーの準備で、じゃがいもの皮をピーラーで剥く。
同時に一つしかない電気コンロでは、味噌汁とお茶用にお湯を沸かしておく。
じゃがいもは厚めの千切りで水につけておく。料理本通りに進める。
ベーコンも切っておく。

お湯が沸いたらフタをしたままいったん鍋敷きの方へ待機。
いつも先に味噌汁とお茶を用意しておくと、おかずができる頃には冷めているので、
おかずができてから最後に温めなおせば熱い汁と茶を満喫できるというわけ。
一口コンロは楽じゃない。

コンロが空いたらすかざずフライパンを温め、ベーコンを投入。
少しあぶったところでじゃがいもも入れる。崩れにくいメークインね。
塩、コショウ、顆粒のコンソメで味つけをしてできあがり~。簡単だあ。
勢いでスクランブルエッグも作る。塩、コショウのみのシンプルな味付けで。
これこそ一瞬でできあがる。

さらにつけ合わせなどもプラスした結果、
一人暮らしを始めて以来、最も豪勢な夕飯となっておりました。
内容は写真の通りです。

・米
・味噌汁(乾燥ワカメと、長ネギは輪切りで)
・じゃがいもとベーコンのソテー
・スクランブルエッグ
・宇和島のじゃこ天
・ほうれん草のおひたし(冷凍しておいたもの)
・キャベツの浅漬け

以上。
豪華だ。豪華絢爛だ。
言い過ぎは愛嬌で、どれもおいしくいただきました。
ほうれん草のおひたしは冷凍しておくと本当に便利だ。
唯一、浅漬けにしょうがを入れすぎたかな、しょうがの味が強かった。
多めに作った浅漬けはこないだ友人からいただいたタッパに入れて冷蔵。

食事を終えてご満悦なオレは、
3.5合炊いた残りを冷ますために、ラップで小分けする。お茶碗6膳分。
お昼の分と合わせれば11膳分はあるということで、
ゴールデンウィークはこれで乗り切れるな。

それから夜の第一次洗い物をして、
シンクが空いたところで、買ったほうれん草をボウルにあける。
これも小分けに湯がき、5食分のおひたしを冷凍する。
こうしておけば、最悪おかずを1品買って帰るだけで、米とおひたしと、
お湯を沸かして味噌汁とお茶があるのだから、十分メシになるもんね。


そして、ココアを飲みつつこれを書いている今は、
すでに日が明けています。1日なんてすぐ終わっちゃうな。
こうしてみるとメシ食っただけで1日が終わったように見えなくもないが、
当の本人はそこそこ密度の濃い1日だったと思っているのが不思議だったりする。
少しずつ生活らしくなってきたから、そう思うのかな。

さて、今週は2日だけ!
がんばるぞー。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:50 | 一人、暮ラス
ビバホーム、マジ最高ッス!!

オレはこっちに越してきて以来、常にホームセンターを欲していたのだけど、
これが近くになかなかなさそうだったわけです。
ドイトとかしまちゅうとか、その辺が東武練馬の方に行くとあるらしいのだが、
場所は未確認。
オレの移動手段はまだ自転車がないので、徒歩。
車は持っているはずもない。会社の営業車でも流用してやろうか。

それである日ホームセンターを調べていたところ、
板橋前野町に「ビバホーム」というホームセンターがあるという情報を得た。
前野町はときわ台の北口一帯に広がる町じゃないか。
これなら充分に徒歩圏内、行ってみようじゃないか!

というわけで、地図も持たず、ちゃんと場所を調べもせず、丸腰で家を出ました。
颯爽とオレの住んでいる南口から、北口を越え、前野町入りを果たすが、
一口に前野町といっても結構広い。案の定迷い、さまよい歩くことになった。

途中入ったドラッグストアで玄米フレークが安かったので買い、
スーパーライフで干しレーズンを買い、サントクでキャベツが安かったので買い、
古本屋で売っていたリンドバーグのCDを買い、
やがて板橋のスーパー銭湯(温泉?)・スパディオ何とかに辿り着いた。
ついでなのでちょっと覗いてみると、1回2000円くらいかかるとか。
例えば家族3人で行ったら6000円かかるのかあ。ずいぶん高い風呂だな。

やがて町名も変わり、宮本町、泉町、大原町をウロチョロし、
(細い道が入り組み、所狭しと家が立ち並ぶ。なかなか太い道に出ない)
いい加減に疲れてきた頃に、少し景色が開けてきた。
その開けたところが、オレの探し求めていた「ビバホーム」だったのだ。

つーかビバホーム、でけー!
東京のホームセンターだし、小ぶりな店舗なんだろうとばかり想像していたのだが、
これは平塚のホームセンターの雄・「ユニディ」もびっくりなサイズじゃないか!
(知らねーって。ちなみに平塚のユニディほどの大きさではないです)

疲れは一瞬で吹っ飛んだ。
意気揚々と店内に入ると、まずは度肝を抜くサイズの木材たちがお出迎え。
この木材何メートルあるんだよ!
あとはワクワクに任せて店内を一通り歩いてみました。
いやーホームセンターっていろんなもの置いてるんだねー。
そういった材から、インテリア、収納、ガーデニング、電化製品、果てはペットまで、
家にまつわるありとあらゆるものを取り扱っておられる。
オレはあやうく感動の涙が流れそうになるのを必死でこらえ、
何食わぬ顔で買うべき商品を物色する。
この日は押入れ収納の衣装ケースと、キャスター付きのスチールラック、
それに洗濯場の上のスペースに使う突っ張り棚を購入することに決定したのであります。

すっかりホクホクのオレは手際よく会計を済ませると、
店員さんが一言。
「お客様、お車でよろしかったですか?」
オレは一瞬口ごもるが、ひるまず返す。
「手で持って帰ります」

なんかヘタクソな表現だ。手で持って帰ります。もっといい言い方はなかったんかい。
店員さんはこれも慣れた手つきでラップとすずらんテープと取っ手をつけ、
それをオレが受け取る。さー帰ったら組み立てだ。

がしかし。
聡明な読者の皆様はすでにお気づきかと思われるが、
荷物が、思ったより重い。
まあそれぞれ単品の重量は大したことはないし、もちろん持てない重さではない。
それが束になるのだからそこそこになる。
そして、はるばるさまよったあげくに着いたというその距離も、怖い。

歩き始めて嫌な予感は即効で実感に変わり、
腕がぴーんと伸びた状態で歩くことを余儀なくされる。
何気に効いていたのが、レタス。
いつも買っているよしやでは1玉358円のものが、
通りがけのスーパーで128円で売っていたからつい買ってしまったわけだが、
この1玉が時間を追うにしたがって腕にずっしり来る。
いいレタスを買った証拠と思うべきか、お野菜は計画的にと反省すべきか・・・。

ようやく家に着いた頃には相当の体力を削がれており、
どてーんと布団に突っ込んでいったのでありました。
とはいえここで寝たら組み立てたり設置したりするのが面倒になると思い、
もう一念を発起してラックを組み立て、押入れにしまい、棚を突っ張る。

というわけで我が家の収納力は若干アップいたしました。
苦労の甲斐があったので(馬鹿げた苦労ではあるが)、まあ満足してます。
相変わらず味気ない家ではあるけれど、こうして少しずつ形になっていくのでしょう。

そんな週末でした。
また行こう、ビバホーム。


あと、どうでもいいんだが、
古本屋で買ったCD、中身が空だったんすけど・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:44 | 一人、暮ラス
一人暮らしが始まって1ヶ月以上が経ち、
仕事から帰ったら食事を作り、洗い物を片付け、こうして記事を書く。
日によっては洗濯をし、休日にはアイロンがけをやる。
モノについては相変わらず足りない部屋ではあるけれど、
生活すること自体にはなんとなくリズムらしきものが出てきた。

そうなると、落ち着いてお茶をすすりながら本を読んでみたり、
考え事をしてみたりする時間が、短いながら作れるようになる。

しかし思うが、一人ぽつんと部屋に佇み、
あれやこれや考えを巡らすのはいいことない。
そんな時ってたいがい、いいことは考えないもの。

幸か不幸か、毎日の慢性的な寝不足のおかげで、
どよんとしかけた頃にちょうど眠たくなってくる。
寝てしまえば9割方忘れるのは、B型の特権と信じて疑わない。

それだけに、朝起きても憶えている残り1割の記憶が、
強烈に残ってしまうわけだけど・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:41 | 一人、暮ラス
昨晩夜もふけた頃、アイロンのかかったワイシャツがほとんどないことが発覚。
平日の夜に、家に帰ってからアイロンをかけるなんて、そんな時間は多分ない。
休みのうちにやっておかなくちゃならない。

というわけで、23時もまわったくらいの時間から、
アイロンを手にとり、せっせと熱をかけ始めました。

前半6枚は混紡のワイシャツだったので、比較的シワが伸びやすい。
スッスッとかけられるわけだが、
それでも袖、腕、襟、ヨーク、ウシロでマエとやるので時間はかかる。
これが綿100%となると、全自動洗濯機の強力脱水により、しわくちゃ。
シワが強い上に、なかなか伸びない。
そうすると必要以上に熱をかける形になるので、さらに時間がかかる。
結局12枚のワイシャツにアイロンをかけるのに、2時間かかりました・・・。
小さな工夫はしてみるものの、なかなか時間の短縮につながらない。

アイロンをかけている間は、好きな音楽をずーっと流しっぱなしにしていて、
今日は日曜に買いたての「GO! GO! 7188」のベストアルバムを聞き、
H生田から借りた「つじあやの」を聞いた(映画「猫の恩返し」のテーマ曲)。
つじあやのの「風になる」は、コードは簡単だが、
ベースラインは結構ひねってあって難しい。
ゴーゴーはどうも変な感じなのに、聞けば聞くほどハマるのが不思議。

アイロンをかけるは結構面倒だけど、
かといって黙って音楽を聞くのも時間が無為に過ぎてしまうような気がして、
音楽を聞きながらアイロンをかけていれば、少しでも時間が有効に使えているのかなと。

いろんなことを効率的にやって、余った時間をベースの練習に当てたいものです。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:35 | 一人、暮ラス
朝食は朝寝坊のため、ミルク&シリアル(オールブラン、食物繊維たっぷり)。
お昼は会社の社食で、かつおのたたき。これって昼飯なのか? 飲みたくなる。
そしてそれなりの激務をこなし、家路につく頃にはぐったりしておるわけで。

ときわ台に着くと、いつものよしやに寄るのが定番コースになっていて、
「いつ買ってもいいようなもの」が安くなっていないかを探してみるのです。
今日は粉末のポタージュスープとわかめスープが、
それぞれ安くなっていたので、迷わずゲット。

そんな中、普段はあまり残っていないお弁当が、今日は残っているのを発見した。
見ればすでに閉店間際ということで、お値段は半額!
夕飯ですぐに食べるものなら格安でいける、ということです。
今日はまだ肉を食べてないな、と思い、チキンカツ弁当を199円で購入。安っ。

家に帰り、野菜が全然足りないと思い、
朝よく食べるレタスときゅうりと、揚げ物の友・千切りキャベツをドサッと用意し、
お湯を沸かしてわかめスープと、お弁当はレンジでチン。
楽チンな夕飯とあいなりました。

でも楽なのはいいんだけど、
少なからず洗い物は発生するので、何かと時間がかかるのはあまり変わらず、
またどうしても容器を中心にゴミが多くなる。
そんなのであんまり弁当ライフというのも気が進まないかなあ。

さて、今日も遅い時間になってきた。
只今夜中の1時を過ぎております。
明日はお米を炊くとしよう。
ベースやる時間が欲しい。
それでは。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:33 | 一人、暮ラス
今日は冷凍してあった豚肉バラスライスを使おうと思ったのです。
以前も作った、しょうゆ、塩、コショウのみの味つけ豚肉。これを作ろう。
冷凍庫から平たく並べて凍らせてある豚肉を取り出す。

そうだ。せっかく買った電子レンジがあるので、解凍してみようじゃないか。
これまでは自然解凍だったところを、文明の利器で。

人生初の解凍。
なんか変な文だ。

ラップのまま凍った豚肉をレンジの中に放り込み、1分弱、解凍を目指す。
ミニキッチンにはすでに熱されたフライパンがスタンバイしており、
お皿には千切りキャベツがこんもりと盛られている。
あとはサッと焼かれた豚肉を待つばかり。

チン、と鳴るやいなや、レンジのふたをガバと開ける。
すると・・・なんか調理された豚肉のにおいがしやしないだろうか?
次の瞬間、レンジの中の豚肉を見てみると・・・あ、色が変わってる。
これって、しっかり火が通った状態、なんじゃないかね?

慌てて火が通ってしまったと思われる豚肉をレンジから取り出し、
あわあわとラップを外し(しっかりぴったりくっついてるものでなかなか外れない!)、
フライパンにどーんと放り込む。
すでに火は通っており、どんどん油がにじみ出てくる感じがする。
適当に炙ったつもりが、気がつけば焦げ目がつき始め、
これはいかんとお皿に盛った時には当初のサイズの半分くらいに縮んでしまっていた。

そして冷めないうちにいただこうと口に運んでみると・・・か、硬い。
なんというか、サクサク? さしずめ豚肉スナックのような風情で、これが夕飯のメイン。
がくーんときました。えっと、うまくない!

後で気がついたんだが、レンジのツマミの位置を間違えてしまっていたようで、
解凍(170W)、冷凍食品(500W)、あたため(700W)の3つのコースがあるのだけど、
何を血迷ったか、「解凍」ではなく「冷凍食品」に合わせて1分間、ヤっていたようだ。
それは解凍じゃなくて、加熱だ。そりゃ火も通るわ。

帰ってきてへとへとの体に、まずい飯はきついっすね。
これじゃ被害者も加害者も、オレ。どうしようもない。

そんなわけで、この程度で口にするのも恐縮の至りではあるのだが、
なんか生活するのって、大変です。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:32 | 一人、暮ラス
昨日電子レンジを無理矢理運んできたおかげで、
今回は実家を車で行き来せずに済んだため、今日は一日空き。
しかし一日空きとはいえ、まだまだ慣れない一人暮らし生活。
何をするにも時間がかかり、
気がつけば朝は昼になり、昼は夕方になっている有様です。

今朝は9時過ぎに目が覚め、布団でしばらくごろごろしてから起き上がり、
朝食作りにいそしむ。
オレは朝食からガッツリいきたいタイプの猛者なので、
朝食は焼きそばを作ることに。
こないだ買ったマルちゃんの塩焼きそばさ。
前回一度作った時は、麺を炒める時の水を差しすぎたせいか、
随分とべちゃっとした「塩ゆでそば」のような風情になってしまったので、
今回は極力水は少なめに、あり合わせの野菜をぶち込んで作ってみました。
そしたら「塩ゆで」の時よりはおいしく作れた、気がする。

すっかり腹いっぱいになってからは、読みかけの本を読破すべく、
テーブル兼アイロン台を前にあぐらをかき、読書。
10時のおやつをぽりぽりやりながら読書。
1時間くらいしたところで手を止めて、昼飯に向けて米を研ぐ。
30分くらい浸水させている間、読書。
米を炊飯器にセットし、スイッチオン。後、読書。そして、読破!
どよーんとした気分のまま昼飯作りへ。

お昼は炊きたての米と野菜スープ。
例のコンソメをばらまくスープなので、これまた適当に(大量の)野菜をぐつぐつ。
じゃがいも、にんじん、長ネギ、キャベツ、ワカメ。
にんじんが微妙に青臭さが抜けておらず閉口したが、食べきる。
火の通しが甘かったか。

そんなことをしていると昼はとうに過ぎ、
お茶を飲みながらニッセンの通販カタログに目を落としていると夕方に。
いかん、夕飯の買い出しもそうだが、家財道具がまだろくに揃っていないんだから、
時間がある休みの日こそそういったものを買い出さんでどうする。

ということでシャワーを浴びて気合を入れ、
いつしか降ってきていた強めの風雨の中、駅へ向かうことに。
池袋に出ようかとも考えたけど、違うところも探索すべきと思い、
今日は東武練馬に行くことにしました。
東武練馬といえばときわ台と並んで一人暮らしの候補だった地。
友人でいえばE良の地元であり、Dちゃん夫妻が今は住んでいる地。まあいいか。
北口にサティがあって、サティの家財道具売り場を歩いてみようと思ったのだ。

東武練馬のサティは、でかい。
いつもときわ台のよしやで食材は買っているのだが、
食品売場の大きさはおそらく5倍じゃきかない。
さすがは総合スーパー、規模が違う。
でも、野菜売場を歩いてみたところでは、あまり安い感じはしなかったな。
むしろ高い? トーネリで野菜買うなら南口の商店街が正解、なんだろうな。

そんなこんなで4階の家財道具売場に行き、
本棚や押し入れ用のケース、キャスター付のラックなどを物色する。
安いんだか高いんだかよくわからない。
何しろ限られた予算なので、極端ではないものの、どこか慎重になる。
いつまでたっても買い物が進まないのはこれが理由。

それで今日買ったのは、パイプ型のハンガーラックと、掃除機。
掃除機は4,980円のサイクロン型。結構コンパクト。
スタンド式よりは吸引力がありそうなやつにしてみた。
ハンガーラックは、押入れに使っているものが
スーツ他のかけすぎで悲鳴を上げているので、追加購入。

家に着いたら21時過ぎ。片付けもそこそこに夕飯の準備を。
夕飯には、ここんとこ朝食でレタスを食べていなかったので、
レタスを中心にした炒め物に決定。腐らすわけにはいかんので。
しかしレタスは炒め物の中心には、なり得ない、よねえ。
ということでおなじみの野菜たちプラスアルファ、
玉ねぎ、にんじん、長ネギの青い部分、卵、ベーコンをドバッと炒めて、
最後にレタスをドーンと放り込む。最初にひいた油は胡麻油だったので、
味つけは塩コショウにとどめることに。
見てくれは相変わらずきれいとは言いがたいところだけど、
お味の方はまあまあ食えました。

そんな感じで一日が終了。
文面ではなーんにもしていないような感じがするけど、
思った以上に時間はどんどこ過ぎていて、いや怖いですわ。
こりゃあっという間に30だ。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-04 23:31 | 一人、暮ラス