社会人になって、たくさんの新しいことを始めました。それも今までやったことのなかったものがほとんどです。そんな愛すべき趣味たちとmise1049の成長を記したノンフィクションブログです。有言、いつか実行。


by mise1049
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

音楽の幅と呼んでよいものか

こないだLINDBERGを買ったと思いきや、
今度は筋肉少女帯を買った。
名曲「マタンゴ」「日本の米」が入った名盤「SISTER STRAWBERRY」と、
「これでいいのだ」「日本印度化計画」などの代表作を収録した「猫のテブクロ」の2枚。

ヤバイよー、筋少。
これを高校生の時に知っていたら、多分人生変わってた。
高校生の時に好きだったのがLINDBERGでよかったなあ、なんて思ったりして。

筋少は好きな割にあんまりCD持ってないんだよね。
買いあさってやろうと思う。高くなければ(妙にプレミアがついてたりするからなあ)。

ちなみに持ってるのは以下。

「SISTER STRAWBERRY」
「猫のテブクロ」
「月光蟲」
「エリーゼのために」
「筋少の大水銀」(ベスト)
「BEST&CULT」(ベスト)
「SAN FRANCISCO」(ベスト)

まだまだやねえ。

LINDBERGばかり聞いてから筋肉少女帯を聞くと、
頭がひっくり返りそうな思いをすることになります。要注意。
「音楽の幅」が狭い証拠か・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-10-17 00:47 | ベースマン(跳蜜)