社会人になって、たくさんの新しいことを始めました。それも今までやったことのなかったものがほとんどです。そんな愛すべき趣味たちとmise1049の成長を記したノンフィクションブログです。有言、いつか実行。


by mise1049
カレンダー

<   2006年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

今年の夏休みは、九州!

今年の夏休みは、九州に行ってきます!

九州一人旅2006!

日程は8月23日(水)~8月28日(月)の6日間。

上司からは「営業は連休を取れないからなあ」
なんてやんわりと釘を刺されておりましたが、
お構いなしで連休とさせていただきました!

独身ヒラのうちくらい、勘弁してやってください。

行程はざっくりですが、
宮崎から降り立って、
鹿児島→熊本→大分→福岡→佐賀→長崎
と逆Sみたいな形で駆け抜けてみようかと考えております。

福岡にはF.C.G.IのカリスマでGMのN谷がいるから、
彼ともうまく会えれば、とも企んでおります。
というか道中泊めて・・・。

早速カテゴリも立ててみました。

詳細徐々に詰めてまいります。
徐々に発表してまいります。

つきましては聡明な読者の皆様、
九州情報、下さい!!

Go! Kyusyu!

よろしくです。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-31 00:16 | 九州一人旅2006
やりましたな!
梅雨明けです!!

・・・と、自分の力とは百万光年離れたところの出来事に力をいただく。

その勢いで今日は家のことをズバッとやってしまおうと思い立ち、
北向きで日こそ当たらないけど一応ついているベランダに、布団や寝袋を干す。
乾いた空気にさらすだけでも、少しは気分が良いものだ。
よし、はたこうと思いきや、布団叩きを持っていないことに気づき、
狭い家の中を探せば、おやバドミントンのラケットがあるじゃないか。
ラケットの貴公子はかなりいい気分になって、リズムよく、パンパン叩く。
2軒向こうの家の人と目が合う。

それと合わせて洗濯機もガンガン回し、
ワイシャツ、Tシャツ、靴下、下着(いやん)、他諸々を一気に片付ける。
いいね、乾く。

さらに朝のうちに買い物に行って、
空っぽになりつつあった冷蔵庫に野菜やヨーグルトを補充。

ここのところ毎日がどうも忙しく、まともに家でメシを作れていない。
仕事から帰って家に着いても、とりあえずお腹にモノを入れて、
次の瞬間には布団に突っ伏して、テレビも電気もパソコンもつきっぱで
朝を迎えることがしばしばだった。

そんなものだから、いつもであれば常備しているキャベツの浅漬けも、
食べ尽くして切れており、今日こそ漬けてしまおうと思うわけです。
キャベツもきゅうりもしょうがも塩も、準備はできている。

何より、梅雨は明けた。

そしたらですね、指切りました。
スパッと。
勢いよくしょうがを千切りにしているところで、
左手人差し指の第2関節を、上からスパッと。

うがっ!
鮮血。
とりあえず舐めてみる。
ああ、これ、血の味。
てゆーかどんどん出てくるな血。
止血。
ティッシュで止血。
外すとまた血が出てくる。
「湧き出てくる血を目の当たりにして、ボクは生きていることを改めて実感したのだった」
などということは微塵もなく。
困ったなあ。
水がしみる。
同じことを繰り返すこと数回。
傷口が少しだけ大きいせいか、なかなか塞がらない。
困ったなあ。
そこで、オレが起こした行動は、
親に電話した。
「あもしもし、オレ。指切っちゃったんだけど」
「えー気をつけないと」
「スパッとね、スパッと」
「血は止まらないの?」
「どうしたもんかねえ」
「ちゃんと押さえて、心臓より高くよ」
「ちゃんと押さえて、心臓より高くな」
「もう気をつけないと」
「ご心配おかけします」
電話の途中から左手はすでに頭の上。
弱気の虫を振り払い、とりあえず止血。
あとはギッと絆創膏を巻きつけ、回復を待つ・・・。


ちなみにただいま現在、まだまだ傷は塞がっておりませぬ。
シクシク。
曲げたらパクッ、みたいな。あう~。


というわけでみなさん、梅雨が明けたからといって、
あまりハメをはずしてはいけませんよ!
[PR]
by mise1049 | 2006-07-30 23:22 | 雑物
同期会をやりました。
いやいや、楽しかったね~。

2週間前から難航していた場所探しはその後も紆余曲折があって、
銀座の三越の屋上とか、信濃町の神宮外苑ビアガーデンとか、
もろもろ当たってみたのだけど、やはり予約でいっぱいだったり、
よく考えてみたら会社から随分遠かったりで、
最終的には弊社のすぐ近くにある学士会館のビアホールに決めました。

学士会館のビアホールは、前売券を買っておくとかなりお得になる。
通常90分3800円のところが、3000円に!
この金額で飲み放題&食べ放題というのだから、これはなかなかいいじゃないか!
ところが同期会とかって、だいたい急に都合がつかなくなる人や、
具合が悪くて来られなくなってしまう人が出てしまうもので、
人数を確定させることは微妙に難しい。

その辺をこれまでの幾多の幹事経験でもって調整しつつ(我ながら頼もしい)、
その調整が当日にズバリ当たったりして(当たるのは嬉しいことではないのだけど・・・)、
幹事的にはノープロブレムな同期会となったわけです。

飲み放題のビールはサーバーからいただけるので常においしいし、
メシもバイキングで食べ放題なので、結構満足しました。
同期の皆様には徹底的に食いと飲みに徹するよう伝えてまいりましたが、
果たしていかがでしたでしょうか?
飲めないボクでも、ビールは4杯いただきました! うまかった!

その後2次会までなだれ込んだ面々は、カラオケへ。
機材の故障にイチャモンをつけつつ、ワイワイやっておりましたとさ。


個人的には8月が誕生日でして、それを覚えていてくれた子が1人いましてね、
いやあ地球もまだ捨てたもんじゃないなあと思いましたよ(スケールがでかい)。
それとカラオケ前にやったなんとかっていうゲームで、
E良という同期に勝てたことはこの上ない喜びです。

やっぱいいですね、同期会は。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-29 18:37 | 会社の同期企画

粗食・・・

ただいま、1週間で5食目のシリアルを食べています。
欧米型な私。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-28 06:32 | 雑物
「間違いだらけの山登り ~「知らなかった」ではすまされない62項目」
岩崎元郎 PHP研究所

私の山登りは実に素人むき出しで恥ずかしい限りです。
この本を読むとそう感じます。強く。

山登りには、下界では感じることのできないえもいわれぬ素晴らしさがあるけれど、
反面他のどのスポーツと比べても「始めたら途中で止めることができない」
という特異な性質がある。
だからちょっとのケガや体調の悪さが文字通りの命取りになったりして、
それゆえに「危機管理」という「想像力」が不可欠なのだと。

何よりも共感したのが、この「想像力」というお言葉。

本当に、「想像力」に尽きるような場面って、
これは山登りに限らずたくさんありますよな。
お仕事でもお遊びでも。

これをやったら喜んでくれるかな、嫌だと思うかな。
これをやったらうまくいくかな、危ないかな。

そういうことを、ちょっと立ち止まって考えて、
それから行動するというのが肝要なのだろう。

まあ自分の想像力なんてのは思った以上に小さなもので、
考えたってうまくいかないことばかりなのだけど。
(想像力と言えば、よく言う「宇宙人を絵に描いてみる」。
たいがいの人が、形こそ変なものが多いけれど、
顔のようなもの、手のようなもの、足のようなものといった、
人間や動物が持つ機能を持った宇宙人を絵に描く。
つまり多くの人は、自分が見たり聞いたりしたもの以上のことを
想像することはできないのだ)

そんなことを頭に浮かべつつも、
あの時言ってしまった一言を後悔してしまう自分がいたり、
わかっていても同じようなミスを繰り返す自分がいたりする。

だからそう、想像力には限界があって、
せめてその限界があるという事実を知っておくことが大切なのだろう。


・・・と、随分「揺れ」の大きな記事になってしまったが、
とにかく山登りをされる方には是非一読いただきたい本です。
文章のタッチも軽妙で読みやすい。
高齢者登山者向けに書かれてはいるものの、我々くらいの年代の人が読んだところで、
ひょっとしたらそれ以上に目からウロコがこぼれまくるかもわかりません。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-27 01:04 | 読まずに死ねるか
ガッツリとはやっていないけど、
空いた時間になんとなくベースに手を伸ばし、カチャカチャやってます。
そんな程度なのでちーとも上達の気配はしてこないけど、
個人的に楽しむには無理なく、程よい感じです。

今度またH生田んちに遊びに行きます。
その時までには、少しマシな状態にしておきたいかな。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-26 01:14 | ベースマン(跳蜜)
今日は2つ上の先輩の送別会でした。

その先輩はとてもかっこよかった。
この日お話しできた時間はほんの少ししかなかったけど、
出てくる言葉の一つ一つに、想いがみなぎっていた。

多分、本当に本当に、悩み抜いた人にしか言葉にできない言葉を、
聞いた。

すげーな。刺激を受けまくった。

世の中何が正しいのかなんてちっともわからないけど、
今日の先輩の立ち居振る舞いは、一つの正しい姿だった。

「あり」だと思った。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-26 00:39 | 雑物
すごいです。驚いた。
痛めている腰が抜けちまう(それはほんとマズイ)。

あの一世を風靡した鬼バンド・筋肉少女帯が、
8年の月日を経て復活したとのことです!

うわー、すげー!

オレは筋肉少女帯の中でも大槻ケンヂが大好きで、
彼はロックのボーカリストのくせに、本も書く。
彼の書いた本の大半は読んだ。どれもププッとおもしろい。
彼の書いた本のおかげで、本を読むことが好きになった。
本から彼らの奏でる音楽に踏み込んで、
その圧倒的なスケールで迫ってくる音にはひっくり返ったものだ。

昔ニッポン放送でやっていた「伊集院光のOH! デカナイト」内の番組、
「デーモン・オーケンのラジオ巌流島」は今も忘れられません。
かのデーモン小暮閣下とオーケンが2人でやっていた短い番組だったのだけど、
滅多に2人揃って放送することがなかったという伝説の番組。

やがて大槻ケンヂは筋肉少女帯を脱退して、
筋肉少女帯は事実上の活動凍結となり(で合ってるかしら?)、
大槻ケンヂはその後「特撮」というパンクチームを作る。
この特撮もかっこいいんですな。

そんなこんなで、熱狂的なファンには遥か及ばないかもだけど、
とにかく一大槻ケンヂ好きとしては嬉しいことこの上ない話なのです!

なかなか他の本も読み進まなくていまだ手をつけられずにいた
「ロコ! 思うままに」も読まなくちゃ。
買えてないCDも買おう。

いやあ、いい話だなあ。嬉しいね~。


大槻ケンヂ関連:
大槻ケンヂ公式ウェブhttp://www.prhythm.jp/tokusatsu/tokusatsu/index.html
オーケンの不定期日記(ブログ)http://www.prhythm.jp/tokusatsu/o-ken/index.html
筋肉少女帯オフィシャルウェブサイトhttp://www.kids.co.jp/King-Show/
筋肉少女帯復活情報局!http://eee.eplus.co.jp/king-show/
[PR]
by mise1049 | 2006-07-25 00:23 | 雑物
今日のお昼は、会社の協力購入で買っていた鰻を食べました。
一人暮らしなので、結構でっかいのを、丸々一匹。

そのために米を炊き、ホカホカのメシの上に、
ド迫力の鰻をドーンと載せる。
付け合せに常備の浅漬けを用意したら、あとは食うだけ!
いただきマウス。

そして、怒濤の勢いで食い尽くしてやりました。
うまかったッス。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-23 15:40 | 雑物
2006年2回目のファニソフ練習です。
今回の参加者は全部で13名。いつもありがとう。
人が集まるとソフトボールは実に楽しい。

さて今回のファニソフは早々に困ったことが起こりました。
ファニソフは「いつもの」荒川河川敷でわいわいやっていたのだけど、
始まって1時間もしないうちに、区の巡回員のおじさんからご指摘が。

おじさんはオレたちを一瞥するや何か言葉を発し、
オレが聞き返していたりすると一言。
「やっぱお前ら外国人か~。話が通じねえなあ」
あの、私共、あなたと同じ国の者ですので・・・。
誰だ外国人に見えたのは。君か。あなたか。わたしか?

それで何事かと話を聞いてみると、
今自分たちがソフトボールをやっているこの広場は、
実は「ゲートボール場」なのだというのです。
なんと! ただの広場だと思ってた。
ちゃんとした区の施設で、予約もしなくちゃいけないようなところなんだとか。

トラブル。
ファニソフ始まって以来1年越しで気がついた事実。
いやはや、困ったなあ。

ただこの日に限っては、
このゲートボール場の隣にあったソフトボール場が空いていて、
これも本来は区に登録をし(しかも江戸川区民でなきゃだめ)、
予約をした上で使うような施設だというのだけど、
空いているから当日利用で使っていいよということで、
晴れて河川敷のソフトボール場で練習をできることになりました。
うーむ、災い転じて福と云々。

キレキレバイヤー・E良を連れて少し離れた小松川事務所まで行き、当日券を購入。
グラウンドに戻って巡回員のおじさんに券を渡して一件落着となりました。フー。

いやしかし。休日に時間を作って13人も集まってもらって、
それで実はここは使えない場所だったので練習も終了、解散!
なんて形になっていたらと思うと、
展開としては最悪だし、集まりとしても一気に冷めてしまうし、
幹事としては背筋が凍る思いだったのだけど、
ひとまず今回はいい方に転がってよかった・・・。
ただ今後は練習場所を考えていかないとなあ。どうしようかな。

そんな思いがありつつも、練習の方は結構盛り上がりまして、
各自守備位置について、ピッチャーが投げてバッターが打ち、
ファーストに投げる練習は熱が入ってました。
最後には打ったバッターがファーストまで走る。
実際に走ってみると簡単にはアウトが取れなかったりして、
8月の試合に向けてそこそこに体を動かした感じです。

ファニソフは練習後のお食事も忘れません。
だいたい17時か18時には飲み始めるので、
さんざんやったなあ、という気がしてもまだ20時を回った程度。
早い時間から飲めるのは、これは幸せですな・・・。


さて。
練習とは別に「ファニソフかわら版」を作りました。
A4ペラ1枚の簡単なものですが、最新情報や活動報告、今後の日程など、
各種内容でお送りしていく、愛すべき「紙媒体」となっております。
不定期刊行ですが継続してやっていければと思います。
この日の練習に来たみんなにはお渡しできたのだけど、
来られなかったファニソフメンバーにも改めてお渡しできればと思います!


そんなわけで、今年のファニソフは試合をやったりかわら版を作ったりと、
昨年にはなかった新しい動きもちらほらございます。
ますますパワーアップした楽しい集まりにしていきましょうね~。
[PR]
by mise1049 | 2006-07-23 14:11 | チームファニソフ