社会人になって、たくさんの新しいことを始めました。それも今までやったことのなかったものがほとんどです。そんな愛すべき趣味たちとmise1049の成長を記したノンフィクションブログです。有言、いつか実行。


by mise1049
カレンダー

<   2006年 06月 ( 79 )   > この月の画像一覧

今NHKでやっています。
ウインブルドンテニス2回戦、アンドレ・アガシ(米)対セピ(伊)の一戦。

今年の全米オープンで引退することが決まっているアガシは、
ウインブルドンもこの大会が最後となる。

今第1セットが終わって、アガシが1-0でリードしている。
アガシ36歳。うちの会社で言えば主任クラスの年頃。
主任とアガシ。

アガシだよなあ(何がだ)。

しかしアガシのプレーは若々しい。
打ち込むフォアは力強く、かつカッコいい。
そして困った時は強烈なサーブでエースを奪う。
最強のベースラインプレイヤーは今なお健在か。

逆に言えばベテランならではの老練なプレーって感じではないのかな。
フォアにバックに打ち合いにはバシバシ応じ、
ドロップを打たれたら、次はドロップを打ち返すみたいな報復感。

歳も歳だしケガも尽きない。
ブレークポイントもかなり握られている。
今のアガシには圧倒的な強さはないけれど、
随所に見せるプレーはやはり、アガシ。

勝てるかな、この試合。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-30 01:50 | tennis
熱のこもっていたキャベツ料理は3日と持たずに飽きてしまったので、
ここは目先を変えて冷たいおうどんをいただくことにしよう。

ということで、早速お湯を沸かし、うどんを茹でる。
冷うどんだけではさみしいので、のせる具を冷蔵庫にあるものからチョイス。

・きゅうりの千切り
・塩もみした玉ねぎ
・きざみ長ネギ
・戻したワカメ
・オクラ3本
・生卵

これでうどんの上は実に賑やかになりました♪
きっと栄養もあろう。無駄に精力もつきそうである。
ボリュームは昨日のバカ汁級とも言える。

そこに1:1で割ったつゆをズバーッとかけて一丁上がり!
冷えてるうちにいただきマウス。

今日のこれはね、うん、うまかったよ。ヒット作。
夏は冷うどんで決まりだね~。
久しぶりに自分が作ったものがうまかったのでご機嫌なオレ。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-29 01:35 | 一人、暮ラス

バカ汁

キャベツキャベ2!

といってキャベツにばかり気を取られていると、
きゅうりやレタスがひっそりと傷んでいくわけなのだが、
ひとまず今の標的はキャベツ。

ぼらこさま、じんしゃんんさま、某K太さま、
早速のアドバイスありがとうございます。
いただいた助言の中から、まず本日はスープを作ることにしました。

せっかくスープを作るので、野菜たっぷりでいこうと思い、
冷蔵庫にある材料を着々と、リズミカルに用意していきます。
軽い鼻唄も自然と出てくるもの。

以下が本日のレシピ。

キャベツ:4枚(これでほぼ根元近くまできた!)
にんじん:3分の1本
玉ねぎ:半個
ウインナー:中くらいのを4本
卵:1個
水:500cc
コンソメの素:適量
塩・コショウ:少々
別途米とじゃこ。

材料をザクザク切っていき、にんじんはちょい薄めに切り、
あとは沸騰したお湯に順々に、かつ大胆に入れてグツグツやります。
最後に卵とキャベツをドーンと入れると、
小さめの鍋からドドーンと溢れんばかりのド迫力スープが!
おお、なんという量!

程なくしてキャベツの嵩は落ち着いてきたのだけど、
結局半端な大きさのお椀には入りきらなさそうだったので、
やむなくラーメンどんぶりに移す(ラーメン屋で使うような大きなどんぶりよ)。

そこには並々とたゆたうスゥップ。
いや、これはもはやバカ汁の域だ。

ならばあとは食い尽くすだけ。いただきます!
B汁は食えども食えどもなかなか減らず、
蒸し暑い部屋の中で一人汗をかきかき、
野菜を口に運ぶ。運び続ける。
じゃこをのっけた米が、ほぼおかず。

食べ終わった頃には夜中の0時を過ぎ。
お腹は八分目をとうに超えて十二分目ほどに膨れ上がった。
ああ、こんな夜遅くに。いけないいけない・・・。

キャベツならキャベツにある程度絞ればよかったのだけど、
野菜を欲張ったためにスープが化けてしまった。
ある種の「身の程」をわきまえないかんということですな。

明日も余力があればキャベツにチャレンジする、予定!
[PR]
by mise1049 | 2006-06-28 01:14 | 一人、暮ラス
日曜日は買い出しの日。
平日の帰りは、帰る時間によってスーパー・よしやが開いていたりいなかったりで、
野菜や肉などの生もの以外はたいがい週末にまとめて買います。

加えてよしやは、日曜が特選市。
この日は妙に値段が安くなっているものがあったりして、
買い物をするのも何となく楽しい。
気分はサラリーマン兼「主夫」。

それでこの日安くなっていたものの一つが、キャベツですキャベツ。
いつもは一玉158円~198円。
日によっては358円をつけていたこともあった輩です。高っ。
ところがこの日はなんと、一玉98円。安っ!
そんなわけで即買いです。他にも諸々食材を調達してホクホクです。

ところが家に帰って冷蔵庫を開けてみると、
あるんですキャベツが。
あっ・・・。ざっと半玉分以上は残っている感じ。
うーん、まいったなあ・・・。

とりあえずこの日の夜は塩コショウで豚肉を焼き、
その豚肉の4倍にも5倍にもなろう量のキャベツの千切りを用意して、
草食動物もびっくりな勢いでモシャモシャやっておりました。
肉の味なんか楽しんでいる暇がない。
ひたすら青っぽいキャベツを口の中に放り込む。
しかしこれだけ食べても、大きなキャベツの葉っぱが2,3枚消費できる程度。
先は長い。

ということで、キャベツを使う料理で、かつ量もガッツリ使うレシピは、
何かありませんかね?
親愛なるマイブログ読者の皆様の、お知恵をお借りしたい!!


ちなみに今日はツナとキャベツをサッと炒めて食べてみました。
どんぶり一杯相当の千切りよりはだいぶ食えた。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-27 02:02 | 一人、暮ラス

近頃、向上心が足りない

この2日間を過ごしてみて、そう思いました。
ぼんやり生きているなあ、と。
今、鏡で自分の顔を見てみたら、
顔の輪郭までぼんやりしているように見えた。

うーん・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-26 00:49 | 雑物
昨日プチ記事で終わらせた「ファミ・コンフォート」とは、
オレの悪しき後輩・O日方がくれたファミコンのまがいもの。
UFOキャッチャーで取ったものらしく、
我が家のテレビの入荷に伴いくれたんですね。

ちなみに、テレビをくれたオレの良き後輩・Y木からは、
テレビと合わせてファミコン本物をいただいていたのだけど(ほんといいやつだ!)、
程なくして壊れてしまったのか、スイッチを入れたり接触を確かめたりしたけど、
ウンともスンともいわなくなってしまったのだ。

元来オレは無類のゲーム好きで、それこそファミコンとか大好きなのだけど、
ただその環境がなかった。
今で言えばプレイステーションは持っていないし、
古くはスーパーファミコンから先は何も持っていなかった。
ファミコンしか持っていなかったんですね。
それでそのファミコンもやがて壊れ、
中学生くらいから徐々にゲームを卒業することになったわけです。

ゲーム好きには、あまりにも早すぎる卒業。

そのせいか、今でも友達の家に遊びに行けば最新のゲーム機があったりして、
そうすると際限なくやっちゃうんですねえ。
まるで禁断症状から解放されたかのように(そこまでかい)。
最近ではプレステで、ウイニングイレブンね。ひたすらエキシビジョンマッチ。

そんなオレが、こないだ「ファミ・コンフォート」をいただき、
身も滅びん勢いでゲームに興じてしまったんですね・・・。

しかしこれは昔から感じ続けていることだけど、
改めて、ゲームって、後に何も残らない。
いや、虚無感が残るかな。残るというのかな。
あと、なぜか罪悪感。
たぶん時間に対する罪悪感・・・。
本読む時間がないとか言うくせに、
ゲームをやる時間はあるんかい。

ということで、再びの開店から間もないですが、
ゲームは本日より閉店とします。
散らかっていたゲーム機やカセットは全て片付けました。

自律せなあきません。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-25 23:40 | 雑物

ファミ・コンフォートに

一日やられました・・・。猛省。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-24 22:06 | 雑物
ワールドカップグループFもいよいよ大詰め。
勝つしかないところまで追い詰められた日本の最終戦は、王国ブラジル。

声に出して言ってみよう、ブラジル。

響きだけで滅入ってしまいそうだ。なにせブラジル、だからね。ブラジル。

そんな一戦を見守ろうと、木曜の夜も更けた頃、
芝公園はT本くんちに、F畑くんと、おなじみTと、4人が集まりました。
0時も過ぎた頃に4人が揃い、お酒やらコーヒーやらを片手にその時を待ちます。
それまでの間は寝ている人もいれば、
NHKでやっていたサッカーの特集を見たりして、
オレは眠気をこらえるために1リットルのコーヒーを用意して飲み続け、
代表とともに戦い抜く気持ちを改めて持ち直す。

日本のスタメンは、FWに巻と玉田。おおっ、ついに巻の投入だ。
対してブラジルはレギュラーではないメンバーも多かったようだけど、
果たして誰がレギュラーで誰が控えかわからないような豪華絢爛な11人。
キーパーの名前はジダ。ジダ。時々ポカをするらしい。
ロナウジーニョも、カカも、ロナウド・デブリンもいる。おおー。

「カカいるよ~」
「ジュニーニョがやばい」
「シシーニョもやばい」
「デブリンはいてくれた方がいい!」
「巻ハット!」
と、思い思いに寸評を加えたところで、運命の試合がキックオフ。
日本はこの試合、少なくとも2点差以上での勝利が条件となる。
さあ日本、攻めて攻めて攻めまくれ!

ところが試合は、ブラジルがやはり強い。
近いところ遠いところ構わずどんどんシュートを打ってきて、
その大部分がゴールの枠を捉えてくる。
キーパーが防がなければ全て得点になってしまうシュートを、
文字通りの守護神・我らが川口がスーパーセーブを連発。
何度も何度も日本のピンチを救い、その度にT本家が揺れる。
「うわーっ!」「カァグチー!」「おーし! まだいける! おーし!」

そして前半も深まりつつあるところで、
三都主からのスルーパスを、先発FWの玉田がゴォール!!!
T本家は、午前5時に満たない時間帯ではあり得ない奇声に満たされた。
「うわーっ!」「タァマダー!」「おーし! まじいける! おーし!」
最高潮。このゴールで、わずかながらではあるけれど、本気で期待した。
日本に残された、髪の毛一本程度の夢を。
というか、ブラジル相手にこのゴールが見られたことに、オレたちは満足した。

プライスレス。

しかし前半終了間際に、ロナウジーニョからのふわっとしたセンタリングを、
折り返され、デブリンがきっちりと決めて同点とされる。
ああー、一番嫌な時間帯に失点ー!! 2点差以上での勝利が遠のく・・・。

ハーフタイムに入った頃にはオレらも緊張感が切れてきて、
ロスタイムでの失点をひたすら悔やみ、その後の無残な展開を予感する。

後の試合展開は皆様ご承知の通りで、結果は1-4で日本は負けました。
後半は実力差があまりにも如実に出ていた。
ブラジルはボール回しも、勝負どころでの緩急も、シュートの威力・精度も、
細かいトラップの技術や1対1の強さも、
その全てにおいてブラジルは日本よりも上だった。
ブラジルは、本当に強かった。

日本のワールドカップは1次リーグ敗退で終了となってしまったけど、
中田が言っていたように、それが今の日本の実力だったんだろうな。
オーストラリア戦もクロアチア戦も、
キーパーのファインセーブがなければもっとヨタヨタだったという見方もあるし、
しかしながら決められたところがあと一息決まっていれば、
グループリーグ突破だって決して夢ではなかったようにも思う。
勝負は紙一重。それだけに、与えられる結果は残酷。


さあ、4年後の日本のサッカーはどんな風になっているのかな。
またそれを楽しみに、次のワールドカップで、日本代表の姿を見たいっすね!!

ひとまずは日本代表、お疲れ様でした! OTU!!
[PR]
by mise1049 | 2006-06-23 23:51 | 雑物
ファミタクにて、卓球をやってまいりました。

卓球をやったのも久しぶりだなあ、
と、前回やったのがいつだったかを振り返ってみれば、
1月末というのだから約5ヶ月ぶり。うーん、長らくだ。

始めのうちはうまいこと打てなかったりしたけど、
少し乱打をしていくうちに、感覚が戻ってきたぁ!

11点先取で試合をやってみたら2-0で勝ちましたし。

しかしこないだやったテニスの影響か、
強く打つよりも、ミスをしないことに意識がいくようになったみたいで、
口癖のように、「決めても1点、ミスも1点」と、
派手に決めてもミスしたら意味がないと言い聞かせるようになっている。

この発想であれば、ある程度のレベルまでは勝ててしまう。
我慢しとけば、向こうに決められる以上に向こうがミスしてくれるからね。

でも、これでは上達はしない気がする・・・。

この、さして向上心のない、楽しくやれたらいいじゃない的な卓球は、
人呼んで「軽井沢卓球」。優雅だ。卓球のくせに。


いやー、でもやっぱり卓球は楽しい!!
近々またやろっと。
[PR]
by mise1049 | 2006-06-22 02:19 | 卓球生活

酔っ払って旅人

今日は仕入部に異動になった後輩の送別会を執り行いました。
うちの部にいた2年弱は、彼にとっても大きな経験になったに違いない。
あ、良くも悪くもね。
そんなわけで送別会をやり、2次会ではカラオケでひとしきり盛り上がり、
いい塩梅でお開きとなったわけです。

さて帰り道。
オレは池袋から東武東上線に乗るのだけど、
0時は過ぎていたものの、終電には十分間に合う時間に電車に乗り込みました。
座れたんですね。月曜からそんなに飲む人もいないのだろう。

気がついたら、成増におりました。
ありゃっ。寝ちゃったんですね。
向かい側のホームを見れば「上りの電車は終了しました」とのこと。・・・ゴット!
間抜けにも、寝過ごしたあげくに終電を乗り過ごしてしまったらしい。

さて、どうしたものか。
成増からは、下赤塚、東武練馬、上板橋、ときわ台、と駅4つ分離れている。
まずはタクシーに乗ろうかとも考えたのだけど、給料日前の懐は実にさみしい。
加えて、上司に合わせて熱燗をクイクイやったせいか、そこそこに酔っている。
気分がいいというよりは、例によって頭痛がする。うーん、酒に弱い証だな。

そうこうしているうちに、だんだんと旅人の魂が沸々としてきて、
ここは酔い覚ましも兼ねて、一念発起、歩いて帰ることにしました。
成増発、夜中の1時。さて何時に着くのやら。

程なくして川越街道を発見。
この川越街道沿いに我がマンションGがあることはわかっていたので、
あとはまっすぐ歩くだけ。
いかつい車がビュンビュン走る中、酔っ払いサラリーマンは一路我が家を目指します。

これは性分なのかもわからないのだけど、
知らないところを歩くのは結構ワクワクするんですね。酔っ払いのくせに。
この川越街道も、歩いてみたら結果的には味気ない道だったけど、
それだって歩いてみないことにはわからないこと。
ましてや車で走り去ってしまえば、印象だってそうそう残らない。
やはり歩くことに意義あり、なのです。

体力的には4駅分を歩くことなど問題なかったのだけど、
ただ頭痛だけが歩くことの障害になっていた。
周期的にズキズキと頭が痛む。いやあ、日本酒は後になってきますね。
そこそこに歩いたところで持ち合わせていたポケットラジオの存在に気づき、
(会社に行く途中に聞きながら歩いてます。ニュースやら音楽やら。ラジオ好きなもので)
夜中といえばニッポン放送の、オールナイトニッポン!
ラジオを聞くことで頭痛にばかり意識がいかなくなり、少し楽になりました。

そしてはるばる歩いて家に着いたのが2時半。
顧みて1時間半のお散歩と相成ったわけです。

さらに家に着いてもろもろやっていたらこんな時間になってしまいました・・・。
月曜なのに。明日からしんどいなあ。

まあまあ、後輩くんよ、向こうの部に行ってもがんばってくれたまえ。

さっ、寝るっ!
[PR]
by mise1049 | 2006-06-20 04:01 | 雑物