社会人になって、たくさんの新しいことを始めました。それも今までやったことのなかったものがほとんどです。そんな愛すべき趣味たちとmise1049の成長を記したノンフィクションブログです。有言、いつか実行。


by mise1049
カレンダー

<   2006年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

サンダーブレードで撃沈

ファミタクはよいぞ。
聞けば以前はファミレスだった建物をコンビニのファミリーマートが買い取り、
コンビニにしては敷地が広すぎるので何か妙案はないかということで、
それでは卓球場を作ってしまおうかという話になったそうです。

今日もマイラケットのサンダーブレードを持参でコンコンやってきました。
卓球をやること自体もそうなのだけど、
自分のラケットで打つのがこれまた楽しいのだ。

しかし結果は惨敗。
軽く乱打をした後にいつもの11ポイント1ゲームをやったのだけど、
球が返らない返らない。特にフォアが不安定で、ひどい内容でした・・・。

それでも卓球は楽しい・・・。
こんなに気軽に(しかも値段も安く)卓球がやれる環境が近くにあることを、
ワタクシは大変嬉しく思っております。

次回は我がサンダーブレードが火を噴くことを期待しよう。
[PR]
by mise1049 | 2006-01-31 00:40 | 卓球生活

腰が痛いぞ腰が

戸田にてフットサルをやってきました。
今日はいい天気だったのだけど、しっかり屋根の付いたコートでした。
こないだ集まった3チームで再戦です。
このチームとやると、すごくガップリヨツみたいな感じで、
どこか1チームが群を抜いて強いわけではないので、やっていて楽しいのです。

オレは本日1得点! キーパーの正面に蹴っちゃったのだけど、
運良く股を抜けてゴールになりました~。
ちょっとプレスが強い人に付かれるとボールキープもままならないけど、
それでも始めた頃に比べればボールの扱いもマシになったよなあ・・・。
とりあえずシュートを打とう、という気持ちを持てているもの。

キーパーとしては2失点で抑えられたけど、
N村くんのゴールカバーで救われるなど、ヒヤヒヤもんでした。
まだまだ安定したプレーには程遠い。

ところでY崎さんは腰を痛めていたけど大丈夫だろうか?
かなりヤバそうな感じだったけど・・・。
とか言いつつ、実はオレも今、腰が痛い。中腰になるとシクシクと・・・。
どこかで打ったかなあ。
[PR]
by mise1049 | 2006-01-30 00:01 | F.C.G.I

後輩宅でバカ騒ぎ

今日は午前中に部屋探しで練馬の方を歩き回り、
夜から横浜に住み始めた後輩君の家に遊びに行きました。
駅で合流早々「カレーを作るのにおたまがないから買いに行きましょう」
とのことで街を徘徊するもおたまは見つからず、彼の家へ。

着いてみてびっくり、
8階建てのマンションの、8階!
築4年くらいしか経っていないため、部屋もきれい。
オレが住もうとしているアパルトメントとはえらい違いだ。
(何も置いていなかったとのウワサもあるが・・・)

カレーをいただきながらワインも2本空けて、
ヒーヒー言うまで笑い続けておりました・・・。
みんな無茶苦茶だ。カラムーチョがうまかった。


ちなみに物件探しはいよいよ佳境を迎えております。
来週あたりでピシッと決められるとよいのだけど。
[PR]
by mise1049 | 2006-01-29 03:36 | 雑物
映画の「男たちの大和/YAMATO」を観ていたこともあり、
漢字だらけで分量も多めの本だったけど、結構グイグイと読めました。

最強の戦艦は時の流れに残されその役割を失い、やがて沖縄へ特攻していく。
そしてその中で失われた命の数は・・・そういうことです。

恐ろしいのは、その時代時代によって、もちろん環境によってもだけど、
価値観は大きく変わるのだということ。
昨日まで正しかったのことが、今日になると間違っていたりする。
小さな程度で言えば会社の人事異動だってそうなのかもしれないし、
それが戦争という場においては国家レベルで大きく変わる。

文章には強烈な文字が並んでいて、
特に連合艦隊のレイテ沖の海戦や、沖縄海上特攻の場面では、
直撃弾や機銃掃射をかけられて倒れていく海兵たちや、
艦の傾斜のために脱出不能となった兵の最期などの描写は読むに耐えない。
読んで自分が描いた壮烈な場面が、目の奥に焼きついて離れないのです。

そんなわけで、戦争の悲惨さ、家族をなくした遺族の悲しみは
一つ一つの文字を通じてもう痛いほど感じたし、
逆に、例えば生き残った軍人の苦悩なんかも少し考えさせられた。


とにかくこの作品は、著者渾身の調査と生存者への聞き込みによる、
時間を超えたルポタージュなのです。
文庫本で上下巻各380ページ程度あり、
歴史が苦手なオレみたいなのには読むのに根気がいるけど、
時間がある方は是非読んでみてください。

「決定版 男たちの大和 上」「同 下」 辺見じゅん ハルキ文庫
[PR]
by mise1049 | 2006-01-28 10:29 | 読まずに死ねるか

基礎練入ります

ベースの練習時間はほんの少し。10分ちょっとやったかどうか。
4弦の5フレットから8フレットまでを左手で順番に押さえる練習です。
これを3弦、2弦、1弦まで、ゆっくりとでも連続してやってみる。

現状はどうしても、フレットを押さえていない他の指が弦からだいぶ離れてしまい、
その状態で連続して演奏していくと、フレット上で指が「暴れている」みたいになる。
これを矯正するための練習なのだけど、いや手首が疲れるの何の。
ネックをぐいっと回り込まないと小指で8フレットを押さえられない。
結果的に長時間は練習できない・・・。

でも小指を使えるようになり、蜘蛛の動きのようなフィンガリングを身につけないと、
安定したベースにならないということだし、
実際に指が暴れた状態では、結構「押さえミス」が多かったりする。
照準を合わせているつもりが、狙いがショートだったりロングだったりで、
音がビヨーンとなったり、違う音を弾いちゃったり・・・。

ベースとドラムは、間違ったり止まったりしてはならない。
これはベーシストとドラマーの宿命らしい。
そういうパートなのだ。考えてみればそうだな。こりゃ大変だ。

そんなわけで、昔から嫌いな「基礎練」に打ち込むオレなのです。
打ち込むったってものの10分だけど・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-01-26 00:07 | ベースマン(跳蜜)

あのー

卓球やりたい~。どなたか相手してやってください。
神保町には「ファミタク」がありますので、気軽にやれますから!
[PR]
by mise1049 | 2006-01-25 23:52 | 卓球生活

カラオケは好きですか?

私は、好きです。

ところが小学生の頃は、割りと内気な子どもだったらしく、
みんなとキャッキャ騒ぐのも控えめだったようだ。
そんなものだから、例えば音楽の時間で合唱をするといっても、
なかなか大きな声で歌うことができない。
当時は恥ずかしかったんだと思う。

それが、何がきっかけだったのかは忘れてしまったのだけど、
小学4年か5年かの音楽の授業で、いきなりふっ切れたように歌ってみたのだ。
するとこれが思いのほか気分がよかった。
それ以来、音楽の授業は結構好きになった。そんな覚えがある。

以降、歌を歌うことは好きです。
中学生の時にカラオケを初体験、楽しかった。
高校生の頃は、多い時には平日でも週に2回くらいカラオケに行っていたよ。
当時は初期JOY SOUNDが全盛で、これが通信カラオケの走りだったのかな。

最近はさすがに行く機会もだいぶ減ってきたけど、
それでも、時々は。たしなむ程度に・・・。
もともとの声が低いせいか、高音があまり出なかったり、
そこを無理するからノドが疲れたりして、長時間は耐えんのだけど。

しかしね、行く度に歌がヘタになったように感じるのです。
微妙にね、外れたりずれたりね、するんですねー。

でもまあ、好きこそものの上手なれ、ということで。
no singing,no life.
[PR]
by mise1049 | 2006-01-25 00:55 | 雑物
昨日はひたすら不動産屋を回っておりました。
4つほど物件も下見をし、あれやこれや不動産屋さんと話をしたりして、
時間はあっという間に過ぎていたなあ。
お部屋探しは体力勝負だ。結構疲れた。

でも、なんとなくよさげな物件は見つかったような感じがするのだ。
その物件は1月30日に今の方が退去されるそうで、下見はそれ以降。
契約するとしたら3月くらいからになるとか。タイミング的にもちょうどよい。
外見はごくごく普通の、よくあるアパートなんだけど、
不動産屋いわく「中はきれいです」とのこと。
とりあえずその場で家賃をこちらの希望額に合わせてもらえるよう交渉しつつ、
さてどうでしょうな。


どうでもいいんだが、足が筋肉痛。
運動はしていないのになんでかな~と考えてみたところ、
こないだベースを担いでいった日に雪が降っていて、
荷物が重たい上に、滑らないよう気を張って歩いていたからではなかろうか。
力が入っていたのだ。きっと。多分。

それにしても、その程度で筋肉痛になってしまうとはなんとも情けないではないか・・・。
本当に駅伝を走ろうとしている体なのかっ!?

ああ、走らなきゃなあ。でも外寒い・・・。
[PR]
by mise1049 | 2006-01-24 01:23 | 一人、暮ラス
すごい雪だ。東京でこんなに雪が降るのも久方ぶり。
こんなに寒いと、東京の貧弱な犬なんかは、果たして喜び庭駆け回るのだろうか。

ということで雪で車は断念し、
オレは、オレのとN田のとベース2本を担いで電車に乗り、
所沢のN田邸を訪問してまいりました。(この姿、ほとんど罰ゲームとしか思えん・・・)
午前10時に所沢に着くと、所沢もガンガン雪が降っている。ひどい天気だ。

合流すると早速N田邸に案内され、実家にお邪魔することに。
N親父や、お母さん、嫁さんと対面。あ、お邪魔します、お世話になります・・・。
どこかペコペコと恐縮してしまうのが営業の性(サガ)。

で、午前中は質疑応答から広がる「音楽理論」の講義。
T,D,SDからなるダイアトニックコードの話や、
各コードをルートにした時のメジャースケールの作り方、
バンドにおけるベースの果たすべき役割など。
そんなことを一切考えずに1年間ベースをやってきたオレには目からウロコ。
予備知識ゼロのオレに、N田はできる限り噛み砕いて教えてくれたので、
なんとなくだけど理解はできたつもりでおります。全全半全全全半。

お昼にはおうどんをいただきまして・・・恐縮です。稲庭うどん。おいしかったです。

午後からはベース&ベースでスタジオ入り!
もちろんこの組み合わせだと何か曲を合わせるなんてできないので、
時々彼の三線と合わせた以外は、ほとんどの時間を「練習方法の練習」に費やした。
午前中の内容からつながる話で、上記のことを織り交ぜながら、
幅のあるベースをやっていくために必要な練習方法を伝授していただく。

例えば基本中の基本なのだと思うけど、4弦5フレットから8フレットまでを、
人差し指、中指、薬指、小指の4本で順番に押さえて弾いていく。
ただし押さえた指は離してはいけない。小指で押さえて弾く頃には、
4本全ての指が各フレットを押さえている状態でなくてはダメ。
そんなに難しくなさそうな気がしたのだけど、これができないのだ。
オレの方がN田より一回り手が大きいはずなのに、なぜか指が届かない。
かつ、4弦を押さえた指のまま3弦の5~8フレットに左手をシフトしていくとあって、
もう大ギブアップ。
聞けば、普段弾いているオレの左手はフレットを押さえる時に暴れていて、
無駄な動きが多い。それを「蜘蛛が歩くように」左手を使えるようになれば、
ミスは減るし、始めてやる曲にもスムーズに対処していけるというのだ。あー確かに。
同じ15分練習をするのであれば、曲の練習ばかりをやるよりも、
このちょっと退屈かもわからないこういった練習する方が、
結果的には幅広い曲を、早く弾けるようになり、もっとベースが楽しくなる。
あまり時間のないサラリーマンベースビギナーにはより有効な練習であるということだ。
オレはこのことを、とてもよく理解した。まったくもってその通りだ。

それ以外にも、コードに含まれる3つの音の使い方や、
コード進行の中でベーシストはどの音を選択するか、
抑揚やリズム、つなぎの音の使い方次第で、音楽そのものが変わってしまう例など、
彼に弾いてもらいつつCDも参考にしつつ、あっという間に3時間が終了いたしました。

帰り際には彼がこれまで読んできたベース本を5冊、
音楽から練習用までCD・DVDを5枚、貸してくださった。ありがたい。
ありがたいけど、これはものすごい分量なのでどれだけ読めるか見られるか。
まあ、自分のペースでがんばってみようと思うよ。


そんなわけで、N田には昨日は大変お世話になりました。
ありがとうございました!
次に君と会う時には、今日よりも上達した姿でいたいものです。

今日も家でやってみたけど、相変わらずもがき苦しんでおります・・・。
「そういうものは、時間が解決してくれるものだよ」
賢人はそうのたまったことだし(のたまったのか!?)、少しずつ、少しずつ、ですね。
[PR]
by mise1049 | 2006-01-23 00:25 | ベースマン(跳蜜)

明日はベースデー

例のN田によるベース講習が明日に迫ってきました。
それに向けてオレは練習に練習を重ね・・・ということはなくて、
毎日遅くに帰っては一人暮らし関係のあれこれをネットで見ていたりして、
全然ベースの練習をしていないのです。
なので明日一日で、オレの指が瀕死の状態になることは間違いない。
この肉球指が。

しかし心配なのが、明日は雪が降るということ。
車で行こうと思っているのだが、彼の住む所沢まではかなりの距離があり、
雪道の運転はしたことがないのもちと不安。
ついでに車の所持者である親からは車で行くことに大反対を受けてまして・・・
いやはや。やっぱ危ないのかなあ。
場合によっては、電車乗り継ぎ雪道歩きかしらん、とも思っております。

ちなみに、こういう日に限って、
夜からマンションの役員会があったりして。嫌ですこと。

まあ限られた時間だけど、たっぷりと練習してこようと思います!
[PR]
by mise1049 | 2006-01-20 23:57 | ベースマン(跳蜜)