社会人になって、たくさんの新しいことを始めました。それも今までやったことのなかったものがほとんどです。そんな愛すべき趣味たちとmise1049の成長を記したノンフィクションブログです。有言、いつか実行。


by mise1049
カレンダー

<   2005年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ファニソフ総括2005

今年はファニソフ元年でした。
同期で行った5月の昭和記念公園でのキャッチボールがきっかけとなり、
このファニソフがスタートしたわけです。
初めての練習は雨で中止となり(結局あの時は降りそうで降らなかった)、
第0回の懇親会では、あまりの参加人数の少なさにチームの崩壊を感じたものだけど、
結果的にオレが始めた趣味の中でも大きなウェイトを締める存在になっていきました。

2005年のファニソフの活動は以下の通りでした。

・6/11 第0回ファニソフ懇親会 新宿 5名
・7/16 第1回ファニソフ練習 北千住(荒川河川敷) 10名
・8/13 第2回ファニソフ練習 北千住(荒川河川敷) 10名
・9/23 ファニソフ補習 美女木(道満グリーンパーク) 4名
・10/8 第3回ファニソフ練習 平井(荒川河川敷) 13名
・11/26 第4回ファニソフ練習 昭和記念公園(うんどう広場) 15名
・12/26 ファニソフ納会 会社近く 14名
・12/28 ファニソフTシャツ仕上がり

こうして振り返ってみると、ずいぶん集まりを持っていたんだねえ。
今年は不思議と毎回雨に降られそうだったのだけど、
ギリギリのところでお天気がもつケースが多かった。
これは幹事の日頃の行いの集積です。義によるものです。ええ。


ファニソフは始めるにあたって、いくつもの懸案をかかえていました。
何分ゼロからのスタートだったからね。
まず土日にやる、というところで人は集まるのか。
またソフトボールなので最低でも9人は必要になるが、
「やりたい」「参加したい」という考えの人だけでその人数が集まるのか。
しかも初心者も楽しめる雰囲気のためには、経験者だらけであってはならない。
練習のためのグラウンドは取れるのか。
河川敷であればシャワーも更衣室もないが女性は来てくれるのか。などなど・・・。

その全てについてクリアできたとはもちろん言いがたいけど、
一番の幸いは、メンバーに恵まれたということ。
先輩後輩取り混ぜて、この人とやってたら楽しい・おもしろい、
と素直に思える人が集まってくれたような気がしているし、
オレが一番避けたかったのは、練習に来て「だるい」とか「めんどくさい」
みたいな雰囲気を作られてしまうことで(過去の部活経験により・・・)、
それをやられると、楽しめている人にまで黒い影響を与えてしまう。
だから練習に誘う時もなるべく強制はしたくなかったし、
(一部人数の欲しかった練習の時はお願いをしたこともあったけど)
他にも若い人はたくさんいる中で、あえてお誘いの手を拡げることはしなかった。
「自発的」でない限り、組織は力を持たないものだと思うしね。

ファニソフの練習程度でソフトボールが上手くなるとは思えないけど、
それでもいい運動の場にはなるし、年の近いもの同士集まるのはそれだけでも楽しい。
飲み会だけのつながりとは一味違った関係が、ソフトボールを通じてできているなら、
ファニソフは十二分にファニソフであれたのだ、ということなのではないでしょうか!


さて、来季の予定ですが、今のところざっくりと以下の通りで考えています。

・~3月まで ファニソフ課外授業(何かやれたらいいなあ)
・4月下旬 第5回ファニソフ練習(弊社展示会後)
・5月中旬~下旬 初の対外試合を組みたい!
・6月、7月で練習を1,2回
・8月は暑いから練習はやめよう・・・
・9月~11月に2回くらい、練習か、試合

今年同様、無理のないペースで集まっていけたらよいなと思っております。

そんなわけでファニソフは2005年に生まれ、2005年を駆け抜けました。
来年2006年もファニソフイヤーですよみなさん! Tシャツ着て練習だ!
また新メンバーも続々加わりそうな感じもしております。
ますますファニーなソフトボールに興じてまいりましょう。
よろしくお願いいたします。


あ、ちなみに。
「ファニー・ソフトボール」のチーム名の由来は、
オレとE良がやっていたビリヤードの内容にあったことは知られている?
オレとE良がビリヤードをやると、実にへっぽこなプレーの応酬になるんですね。
肝心なところからどうでもいいところまで、もうポカだらけ。
それを称して二人のビリヤードを「ファニー・ビリヤード」と名付けていたわけです。

転じてファニソフ。
「ファニー」は「ゆかいな」という意味がありますので、その辺でご容赦を。
ファニソフファニソフ!
[PR]
by mise1049 | 2005-12-31 15:17 | チームファニソフ

ファニソフTシャツ!

納会の二日後についに届いたファニソフTシャツを大公開いたします!


d0054350_019510.jpg

←全景。色は全4色。レッド、ネイビー、パープル、


 そしてオレのがライトイエロー。


d0054350_0194553.jpg

胸の部分には弊チームの強打者兼イラストレーター・K原くんによる


イメージプリント。特に女性陣に好評!→



d0054350_0201319.jpg
                 ↑そしてバックにはNASAっぽいの字体で
                      「FUNNY SOFTBALL」!

また袖口にはおのおの好きな番号がプリントされております。
オレの場合は「8」。8月生まれなので(単純だな)。

いやいやしかし、これで来春からの練習にますます身が入るというもの。
一から仕切ってくれたOちゃんには感謝重ねて感謝です! ありがとう!
[PR]
by mise1049 | 2005-12-31 00:27 | チームファニソフ
d0054350_0131297.jpg

こんな人を含めた同期です。


楽しかったですよ。ねー。
[PR]
by mise1049 | 2005-12-31 00:14 | 学生委員会

期を見て総括

今日は学生委員会の同期で飲んでました。
4日で3本目の飲み。これぞまさに年末進行。

当たり前だけど、学生の頃は同じ環境で過ごしてきたオレたちも、
今はまったく別の境遇で、すでに大学生活以上の時間を過ごしてきている。
みんなそれぞれなりに、結婚していたり、仕事を変えていたり、
楽しそうだったりしんどそうだったり、
そして人生の岐路に立たされていたりと様々。

お仕事的な視点で見れば、
今日集まった同期はみんな言わば異業種なわけで、話はだいたい新鮮。
そういうのを聞いていると、
自分の引き出しが今の仕事以外にあまり広げられていないなあ、と感じるとともに、
来年は今の仕事だけに引きずられるのではなく、
もっと広範囲にアンテナを張っていろんな物事を吸収していきたい、と思ったりする。

プライベートな方は、俄然結婚のこと。
幸いにして先陣を切って結ばれた方々は幸せそう。
オレの周りで結婚した人たちはほとんどみんな幸せそうなんだよなあ。
結婚ってそんなに楽しいのだろうか? ・・・てか、楽しいよなあ。

齢27。
いろいろと、自分の棚卸しが必要だな。
年が明けるのはよいきっかけだから、来年の自分を見据えてみよう。

そんなわけで、昨日より成長したオレは、
無事に電車を乗り過ごすことなく地元の駅で降りることができました。
えらい! すごい!
・・・今度はいつ退化してしまうのか、心配な今日この頃。
[PR]
by mise1049 | 2005-12-30 10:58 | 学生委員会

同期忘年会2005

毎年、会社の最終営業日には同期で忘年会をやっているのです。
うちの代の同期は、他の上下の代と比べると割に仲がよいみたいで、
これまでも春はキャンプ、夏は海、冬は温泉といった感じで、
いろいろなところに遊びに行ったりもしていて、
同期のみんなと遊ぶのはなんとも気の張らない、楽しい時間なのですね。

ここ最近は同期が集まるのも、誰かの送別会くらいしかなくなってきていたのだけど、
最終日の忘年会は恒例ということで、今年も開催される運びとなったわけです。
(ちなみにうちの代の同期は人数も多く、その分辞める人も多く、
結果的に送別会だけでもそこそこの頻度で集まっていたことになるのだけど)

すでに半分以上の同期が会社を辞めてしまっているにもかかわらず、
参加16人のうち6人は辞めた人といった感じで、
会社を去った後もこうして集まれる場があるっていいじゃないですか。

飲みは終始盛り上がっていて、オレもスイッチ入れっぱなしの状態で騒いでおり、
うまいお刺身と鍋を囲みながらワーキャーやっておりました。
飲みの後は声がかれてた。なぜだ。

一次会を終えたところで帰る気満々だったのだけど、
今回はオレではない幹事が、「二次会、二次会~!!」と叫んでいるのに、
賛同者が幹事含め2名。
なんかそれがあまりにかわいそうで、せっかく点いた灯を消すのも忍びなく、
最後は人をかき集めて6名で駆けつけ一杯、会社の近くのバーへ。
グレンリベットとグレンモーレンジをロックであおったところで、
オレは電池が切れ、クタッとなってしまった・・・。
1年の疲れが出たんですね、きっと。
幹事は最後まで元気だったなあ。オレより年上なはずなのに。さすがだ。


電車は終電の1本前に間に合い、座れそうだったのでそそくさと乗車し、
座った次の瞬間には、オレが降りるべき駅から2つ先の駅にいました。

およっ!?

時計を見れば夜中の1時20分。
向かいに来ていただきたい反対方向への電車は、うーんないっぽい。
私は、電車をなくしました(どんな日本語だ)。

さてどうしたものかな。
とりあえず、改札行くしか、ないっすよね。

同じように終電をなくした数名の人が途方にくれる改札を越える。
オレの地元はそこそこの繁華街なのでタクシーも山ほど走っているのだけど、
この駅はタクシー待ちのひとが10名ほどタクシー乗り場で待っているけど、
タクシーが来る気配がちっともない。普段の利用者の数がどの程度かがよくわかる。

この日オレが降り立った駅は、実はオレが高校の時に使っていた駅で、
そこから15分ほど歩いたら我が母校があるんですね。
なので馴染みのある駅であると同時に、地理もよくわかる。
どういうことになるかというと、

じゃあ、歩いて帰るか。

ということになるわけです(なるのかよ)。
折りしも12月は年末、冬まさに本番の夜はしんしんと冷え、
もしも雨が降り注ぐならば、遥か上空の彼方でその姿を雪と変え、
モアロマンチックに我が身へ降り注ぐであろう。
あーいやいや、それ勘弁。

そんなわけで、一路我が家に向かって歩き出しました。
歩き出して早々に毎日通っていた高校時代に思いを馳せつつ、
数分後には寒さにガタガタ言い始めたので、
これはまずいと夜な夜な友人と電話しつつ国道をひた歩き、
3時前に家に到着しました。約1時間半、といったところ。
冷えました。

でも、いいんです。年末だし。
今日飲まなかったらいつ飲むんだよ。

そんな2005年、納めの一日でした。
ナイス2005。
[PR]
by mise1049 | 2005-12-29 15:52 | 会社の同期企画

夢の国を横目に

今日は仕事で浦安に行ってきました。
車から望むは、シンデレラ城に、ビッグサンダーマウンテン。
あやうく目的地が変更されるところでした。

浦安のあたりは車の混み具合がすごい。
特に浦安から東京に向かう道は激しくて、
午前中は浦安のお客さん1件しか回れず。この忙しい年末に・・・。
自らのスケジューリングの悪さを嘆いたものです。

しかし渋滞のために車が動かなかったおかげで、
冬の澄みきった快晴の今日、富士山が見えました。
じっくりと拝ませていただきましたよ。

明日は今年度の最終営業日。
そして、同期の忘年会!
[PR]
by mise1049 | 2005-12-28 01:46 | 雑物

ファニソフ納会!

d0054350_2113946.jpgファニソフ納会は14名の参加のもと、
盛況のうちに終えることができました!
オレ自身もすっかり飲みまして、
家に着いた今もユデダコ状態が
続いております・・・。

しかし、楽しかった納会も、
ひとえにファニソフに参加してくれている
みんなのおかげ。

放っておけば関わりのなかったかもしれない会社の人たちと、
ソフトボールを通じて新しい輪が、かけらでも生まれたかもしれないと思うと、
わけもなく嬉しい気持ちになってしまいます。
漠然とだけど、ファニソフという集まりを始めてよかったなー、と思ったよ。
まさかこんなに大きな集まりになるとは思わなかったし。

ファニソフの良かったところの一つは、決して人数集めをしなかったこと。
あくまでもソフトボールを「やりたい」、あるいはこの集まりに「参加したい」
そういう気持ちの人しか集まっていないということ。
無理矢理人数を合わせるために誘うようなことはしなかったし、
だから回を追うごとに練習の参加人数が増えていった。
そして今でも、「私もやりたい、参加したい」という人が出てきているし、
幹事としてはファニソフの自発的な流れを何よりも大切にしていきたい。
それが楽しさの原点になっていると思うし、ファニソフのファニソフたる所以だと思う。

ちなみにこれまでファニソフに参加してくれた人の内訳は、男性11名、女性10名。
野球やソフトボールをどこかでやっていた経験者と、まったくの初心者の割合は半々。
結果的にだけど、なんだか絶妙なバランスだと思いませんか!


今季のファニソフは、この納会をもってお開きとなります。
来季は暖かくなってくる頃、4月を目途に練習をやっていこうと思います。
それまでには、新年会めいた飲み会やら、課外授業と称したお遊び企画なんかも
やっていけたらいいなあと思っています。
これらもお時間のある方は是非ともご参加下さいませ。

なお、ファニソフTシャツは、
会社の最終日であります12月28日にはお渡し可能となる予定です。
Tシャツ担当のOちゃんが仕切ってくれていますので乞うご期待!

後日、今季のファニソフについて、総括をしてみたいと思います。
このブログに掲載する予定です。座してお待ちを。

ということで、今日はお疲れ様でした! OTU!
[PR]
by mise1049 | 2005-12-27 02:08 | チームファニソフ

ベースを始めて1周年

去年のクリスマスに、自分へのプレゼントとして買ったエレキベース。
ご存知H生田がギターをやっているから、
じゃあオレはベースで、といった実に単純な理由で始めたこの趣味も、
なんと始めてから1年になってしまいました。

あ、どうも。ありがとうございます。

時が経つことの早さたるや。恐ろしい。
もはや現状の腕前のことに言及するのはナンセンスだ(んなこたあない)。

幸いにしてH生田というギターマンがいて、彼の家のスタジオなんかもあったりして、
まあH生田家は我が家から近くはないとはいえ、決して悪くない環境は揃っている。
これからさらに、ドラムなりキーボードなり新しいパートを加えられたらなおよいし、
そうなるといよいよ自らのベースのレベルも、もうちょいましにしなくちゃいけない。

とはいえ極々限られた時間しか作れないので、
再三申し上げている通り、気長にマイペースでやっていく所存なのです。

ちなみに来年のベースマン心得は、以下の通りに考えています。本日現在。

・H生田と課題曲を決めて練習する
・指の運びなど、基本練習を日々触れていく中に取り入れる(1月のN田講習!)
・オリジナル曲を作る(作曲はH生田、頼むよ)

実りある来年の一端は、
このベースを満足のいくところまで持っていけるかどうかが担っていると思うので、
じっくりと精進していきたいと思います。

1年の節目に、気合いを入れて「島人ぬ宝」を弾き上げてみました。
[PR]
by mise1049 | 2005-12-26 00:20 | ベースマン(跳蜜)

劇団四季「南十字星」

前回の「異国の丘」に引き続き、2回目の劇団四季の鑑賞です。
戦争ものにおいては、もはや感想を述べるべくもなく。
観ていただければそのメッセージは間違いなく伝わってきます。

オレがよく観る小劇場でやるような演劇は、
伝えたいことが必ずしもはっきりしていなかったり、
大部分を受け手に委ねられているような作品が多い中で、
特に、劇団四季の作品はメッセージが思いっきりストレート。
誰にでもわかる形で、ミュージカルという形態でもってドーンと迫ってくる。
あとはこのメッセージをどれだけ純粋なまま自分の中に受け入れられるかどうか。

監獄での島村と保科の会話、そしてラストの保科が語る場面は鳥肌が立ったよ。

しかし「異国の丘」といい「南十字星」といい、
今まであまり知らなかった歴史の側面を見せてくれた。
いいもの見させてもらいました。
これまでより少し、日々を大切にしていけそうな気がしています。

意義深い作品であることは間違いないです。
お時間のある方は、是非。

劇団四季「南十字星」:
http://www.shiki.gr.jp/applause/minami/index.html
[PR]
by mise1049 | 2005-12-25 03:33 | 演劇・映画もろもろ
N田から「ベースマガジン読んでるか?」というメールが来たので、
早速近くの楽器屋に行き、ベースマガジンをちらと立ち読みしてみた。

感想は、えーと、何が書いてあるんだかさっぱりわかりませんでした!

著名と思われるベーシストの名前は誰も知らないし、
「激しいスラッピングプレイ」なんて書かれてもよくわからないし。
むしろオレの乏しい想像力ではやましいことがモワンモワンと・・・。

コラーッ。
それでもお前はベースやってんのかーっ。

ということで反省し、
しばらく年末に忙殺されていたので、久しぶりにベースを弾きました。

最近は営業車の中で「GO! GO! 7188」のライブ盤をずーっと聞いているので、
激しいのやりたい! ゴーゴーやりたい! という気持ちになるのだが、
オレの弾けるレパートリーに激しい曲は一曲もなく・・・。
いつもの「島人」と「ヒバリ」をかちゃかちゃやっておりましたとさ。
[PR]
by mise1049 | 2005-12-24 00:38 | ベースマン(跳蜜)